Negiccoさんオリジナル・アルバム『MY COLOR』リリース

燕市のかるた「つばめっ子かるた」大会 販売場所 価格 ナマ+トク

地域

UX新潟テレビ21「ナマ+トク」11月8日放送の情報です。

MC大桃美代子さん、岡拓哉さんゲストに新潟日報社論説編集委員 佐藤勝則さんでお送りします。

今日のトクおし!は?

新潟自慢「つばめっ子かるた」です。

誕生のキッカケは、平成の大合併です。そして、かるたには、文化、名所、産業などの燕市がほこる44の自慢が描かれています。

燕市 たいせいゆいさんよりご投稿いただきました。

「つばめっ子かるた 新潟はたくさん良い所があってとてもステキです」。

山崎薫子さんが取材に行きました。

スタジオでは気になるかるたを選んでもらいました。

  • 岡さんは、「も」文句なし食べておいしい燕ラーメン
  • 絵は、美味しそうなラーメンと子どもの笑顔。

  • 大桃さんは、「つ」燕市の世界にほこる洋食器
  • スプーン、フォーク、ナイフに目と口が描かれている。

  • 佐藤さんは、東京五輪ポスター描い亀倉雄策
  • ご本人の顔が描かれています。

スポンサーリンク

つばめっ子かるた

つばめっ子かるた 販売場所 価格 大会 ナマ+トク
出典:燕市

2006年に合併した燕市の一体化を図るため製作。燕市の44の自慢が描かれている。

燕市と吉田町と分水町が合併し、プロジェクトとして燕が何か1つになるものはないかと生まれました。

2012年発売 1000箱。今では2000箱と売れ愛されています。

山崎薫子さんが、燕西小学校(燕市東太田)へお邪魔しました。

お邪魔したのは1年生の教室です。

「みんなつばめっ子かるたが大好き」。

燕市企画財政課 杉本俊哉 副主幹によると、「合併した他の地域が分からない状況が垣間見えた。子どもたちが一番親しめて楽しんで燕市を知るには「かるた」という素材が一番良いと思いました」。

こだわったのは絵札のイラストです。「せっかく作るならと名の通った先生にお願いしました」。新潟市出身「黒井健さん 代表作は、ごんぎつね」に依頼しました。

燕西小学校 齋藤校長は「燕はひとつ」という思いを子どもたちにも伝えたい。

燕市では2年前から大会を開催

つばめっ子かるた大会

燕市内の小学生が対象で、今年は47チーム139人が参加しました。

販売場所

燕市中央公民館、吉田公民館、分水公民館など燕市の施設計7箇所で販売しています。

価格は、1,000円です。

コメント