新潟パンケーキ

重陽の節句に 今代司酒造 ひやおろし純米大吟醸

重陽の節句 秋のお酒 ひやおろし純米大吟醸 今代司酒造 限定 予約販売 新潟県 お酒

今代司酒造(新潟市中央区)さんは、今年も9月9日の重陽の節句に秋のお酒「ひやおろし純米大吟醸 今代司」を発売します。(現在は予約受付中)。純米大吟醸ながらリーズナブルな価格で毎年約1,000本が即完売!

重陽の節句 秋のお酒 ひやおろし純米大吟醸 今代司酒造 限定 予約販売 新潟県

秋の味覚にぴったり「ひやおろし純米大吟醸 今代司」

ジューシーでフレッシュな味わいを残しながらも熟成の進んだ旨味を感じられるお酒です。

サンマや根菜類など少し濃い目の秋の味覚にもピッタリです。

スポンサーリンク

ひやおろし

毎年秋になると全国の酒蔵から出荷される日本酒の種類です。通常、日本酒は冬や春に絞る際に1度火入れ(加熱処理)し、出荷時にもう1度の計2回火入れを行います。しかし「ひやおろし」はひんやりとした蔵の中で熟成され、外気温と蔵の中の温度が同じくらいになる秋口に、2回目の火入れをせず「冷え」たまま「降ろす」お酒のことです。

加熱処理の回数が少ないことで、ジューシーさやフレッシュさを残しながらも熟成の進んだ旨味を感じられる秋のお酒として愛されています。

重陽の節句(ちょうようのせっく)

毎年9月9日は五節句のひとつである「重陽の節句」です。奇数は「陽」の数字といわれ、9は奇数の中でも最も大きく、その大きな「陽」が2つ重なる(重陽)のは大変おめでたいとされ、桃の節句(上巳の節句)や端午の節句などに並ぶ節句のひとつになったといわれています。

「重陽の節句」には邪気を祓い長寿や健康を願うためお酒をのむ習慣があったといわれています。

ひやおろし純米大吟醸 今代司

内容量:720ml
価格:1,836円
原材料名:米(新潟県産)、米麹(新潟県産米)
原料米:五百万石100%
精米歩合:50%
アルコール分:15度
販売店:全国の酒類販売店または今代司酒造直営オンラインショップ

今代司酒造 直売店
住所:新潟市中央区鏡が岡1-1
営業時間:9:00~17:00(年中無休)
電話:025-245-0325
ホームページ:http://imayotsukasa.co.jp/brewery/

今代司酒造の周辺の地図・場所

以上、ひやおろし純米大吟醸 今代司酒造についての情報でした。

コメント