【老舗菓子店 一子相伝くろ羊かん】菓子道楽 新野屋 網代焼 新潟県柏崎市

一子相伝の老舗伝統くろ羊かん 菓子道楽 新野屋 新潟県柏崎市

NSTさん「八千代コースター」の「にいがた逸品エール 新潟が世界に誇る自慢の逸品」で、柏崎市にある「」さんが取り上げられました。

菓子道楽 新野屋

明治27年創業の120年以上愛され続ける老舗菓子店です。

四代目当主 新野京一さん
四代目当主の妻 新野良子さん
5代目当主 新野博人さん

創業者 新野信太郎さん
通学の途中に通りかかる菓子店に憧れ、菓子職人を目指す。
明治27年(1894年)「くろ羊かん」を看板商品として「新野屋」を開業する。

目次

菓子道楽 新野屋 看板商品「くろ羊かん」

くろ羊かん

沖縄産の黒糖を限界まで練り込み、特徴のある風味と独特の色合いを作り出している。

同じくろ羊かんでも切り方、厚みによって味が変わる。

創業当時から変わらない製法。
一子相伝の製法は代々長男だけがその技術を受け継いできた。

空気に触れることで熟成し、日々味や食感が変化する生きている羊かん。

創業者の複雑な思い
明治時代は砂糖が高価だったため「くろ羊かん」は誰もが食べられるものではなかった。
そこで庶民にも手が届きやすい米菓「網代焼(あじろやき)」を開発した。

菓子道楽 新野屋「網代焼」

網代焼

米どころ新潟ならではの利点を生かして羊かんとは全く違ったお菓子を作り上げた。
当初は小魚の粉を味付けに使っていたことから魚の形に焼き上げた。
網代とは竹などで編んだ漁具のこと。
発売からしばらくして魚の粉から海老の粉に変更し現在に至る。

網代焼には、こしいぶき、コシヒカリ、柏崎産のブレンド米を使用したものがある。

菓子道楽 新野屋(新潟県柏崎市)

店名菓子道楽 新野屋
住所〒945-0055 新潟県柏崎市駅前1丁目5−14
電話0257-22-2337
営業時間9時~17時30分
定休日日曜
URL新野屋

菓子道楽 新野屋(アクセス・周辺の地図・場所)

おすすめ記事

一子相伝の老舗伝統くろ羊かん 菓子道楽 新野屋 新潟県柏崎市

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる