新潟パンケーキ

西蒲区岩室 殿様も食べた菊ごはん、「りゅうのひげ」レシピ募集

やさいのへや りゅうのひげ 岩室観光施設 いわむろや グルメ

UX新潟テレビ21「ナマ+トク」12月19日放送の情報です。

MC山崎薫子さんと岡拓哉さんゲストにいつ「育ちの森」館長 椎谷照美さんです。

今日のトクおし!

西蒲区、殿様も食べた菊ごはんの「りゅうのひげ」は絶品!

県内ではピンク、紫色のカキノモトはよく食べますし黄色菊もあります。

この「りゅうのひげ」を今年作付けした西蒲区曽根の八百坂恵子さんへ番組「近さん」が取材に行きました。

どんな菊なんでしょうね。

スポンサーリンク

りゅうのひげ

見たところ、花びらが細長く黄色できれいで上品です。

名前の由来はここから来たようですね。

また、今の西蒲区峰岡にあった三根山藩(江戸時代)「旗本」として長らく存在したことから、お年寄りからお殿様の三根山と伝えられていました。

お殿様はごはんにこの菊をのせ薄口のだし汁をかけて食べるのが大好きだったそうです。

また「りゅうのひげ会」を8月に立ち上げ生産加工販売まで手がけ独自のレシピ作りにも挑戦しています。

  • りゅうのひげ 1袋100g 250円

販売しています。

例)太巻き寿司の中身

ごま和えのりゅうのひげに甘く煮たしいたけ、ピンクのでんぶときゅうりを入れ巻きます。とてもきれいでおいしそうです。

伝統野菜として復活し西蒲区の特産品へと願っています。

「りゅうのひげ」レシピを募集しています。

お問合わせは、岩室観光施設「いわむろや」
電話:0256-82-1066

やさいのへや
来週12/13(火)のやさいのへやのテーマは“りゅうのひげ” 三根山藩のお殿様が菊ご飯にして食べたといわれる伝説が残る黄色い食用菊“りゅうのひげ” ひと昔までは西蒲の福井地区を中心に栽培され、旅館などに卸していた食用菊なのですが、時代の流れで生産量は減少し気づいた時にはわずか数株が残るだけに。4年前から少しづつ増産し、...

コメント