【ミャンマーカレーのペーボウッヒンが食べられるお店】サウスダイニングアンドクレープボーイ 新潟市南区和泉

  • URLをコピーしました!

BSNさん「なじラテ。」の「新潟の気になるグルメ にいがたグルメ大捜査」で、新潟市南区和泉にある「South DINING AND CREPE BOY(サウスダイニングアンドクレープボーイ)」さんが取り上げられました。

South DINING AND CREPE BOY

SNSに投稿したくなる映えカレー、クレープを販売するお店です。
オシャレなカフェの珍ミャンマーカレーが食べられるお店です。

店主 皆川直也さん

目次

期間限定クレープ「焼きりんごカスタード」

焼きりんごクレープ South DINING AND CREPE BOY 新潟市南区
出典:South DINING AND CREPE BOYさんInstagramより

クレープ「焼きりんごカスタード」
テイクアウト 価格650円
店内(イートイン)価格660円

りんごをシナモン砂糖で焼いているので香りや甘みがいい。
モチモチ生地と焼きりんごの芳醇な味わいです。

ペーボウッヒンとバターチキンカレー「カレー2種盛り」

ペーボウッヒン(ミャンマーカレー)サウスダイニングアンドクレープボーイ 新潟市南区
出典:South DINING AND CREPE BOYさんInstagramより
画像はペーボウッヒン含む3種盛りカレー

カレー2種盛り 価格1,200円
1種盛り 価格900円

ミャンマーカレーは、周りのインドやタイの国から影響を受けた独自のカレー文化があります。

スパイス、ナンプラー、納豆を使ったカレーの名前は「ペーボウッヒン」です。

スパイスは2種類。
辛味・スパイシーな香りのチリパウダー、甘く爽やかな風味のコリアンダーを使用してます。
ナンプラーは、魚を塩漬け、発酵熟成させて作るタイの調味料ですがお隣ミャンマーでも使われています。
あとは納豆を使います。

納豆は、せっかくネバネバさせたのに水で洗う。
混ぜてから洗わないといつまでも粘りが出てしまう。
納豆にタマネギやニンニク、生姜を加え、チリパウダーとコリアンダーを混ぜ、鶏ガラスープを合わせて、ナンプラーを加えたら完成です。

South DINING AND CREPE BOY(新潟市南区和泉)

店名South DINING AND CREPE BOY
住所〒950-1471 新潟県新潟市南区和泉502−27
電話080-6578-6809
営業時間11時~18時
定休日月曜
URLcrepe-boy.com

South DINING AND CREPE BOY(アクセス・周辺の地図・場所)

ペーボウッヒン(ミャンマーカレー)サウスダイニングアンドクレープボーイ 新潟市南区

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次