Negiccoさんオリジナル・アルバム『MY COLOR』リリース

新潟・古町のイタリアンカフェ『TETTO』人気メニュー(簡単!冷製スープレシピ)

新潟市中央区古町にあるイタリアン料理・カフェ TETTO 人気メニュー グルメ

TeNY『新潟一番』(2018年8月8日放送)の『技アリレシピ』のコーナーで、新潟市中央区古町にある話題のイタリアンカフェ『FOCACCIA e VINO TETTO(フォカッチャ・エ・ヴィーノ・テット)』さんが取り上げられました。

技アリレシピとは?
街で有名な料理の巨匠が手間いらずでおいしい家庭でも簡単に楽しめるレシピを紹介してくれます。
普段の料理に役立つプロの技もあるので必見です。

TETTOさんでは、

味のある古い材木を基調にした居心地の良い空間で、ゆったり過ごしながら新潟の食材を使ったイタリア料理がいただけます。

スポンサーリンク

お店『TETTO』さんのオススメのメニュー『ポルケッタ』です。

  • ポルケッタ 1,200円

本日のメインディッシュとしていただけるメニューです。

ゆっくり焼いたお肉は、外側パリッと、中はジューシー!
にんにくやハーブの芳醇な香りが広がります。

※本日のメインディッシュとして内容が変わる事もあります。

お昼時はこちらのメニューがオススメです。

『TETTO』さんの人気ランチメニュー『スープランチ』です。

  • スープランチ 800円

自家製フォカッチャやスープ、サラダのセットです。

※時期によってスープ・惣菜は変わります。

『TETTOさん』の技アリレシピ『トウモロコシの冷製スープ』です。

TETTOさんから教えていただいたのは「トウモロコシの冷製スープ」です。

夏にピッタリの旬の野菜を使ったトウモロコシの冷製スープです。

ペースト材料(4人前)
トウモロコシ2本
タマネギ1/2個
小さじ1
オリーブオイル(サラダ油可)大さじ1
生クリーム30cc
適量
スープ材料(4人前)
160cc
牛乳160cc

トウモロコシの美味しい見分け方は、茶ばんだ髪があるトウモロコシは糖度が高いと言われています。

また、皮が濃い緑だと、実のツヤが良く、茎の断面は白い切り口の方が鮮度が良い鮮度(新鮮)が良いだそうです。

トウモロコシの冷製スープの作り方(手順)

  1. トウモロコシの実を取る。
  2. オリーブオイルをしいてスライスしたタマネギをしんなりするまで中火で炒める。
  3. トウモロコシを加え炒める。
  4. 混ぜて野菜から水分を出すため塩を入れる。
  5. ポイント:少量の水で蒸しながら炒める。
  6. 具材が浸るくらい水を加える。
  7. 沸騰してきたら生クリームを入れる。沸いたら火を止める。
  8. ポイント:濃厚ペーストを作る。
  9. しっかりと粗熱を取ってから混ぜる。
  10. 出来上がったペーストを氷水で15分程混ぜて冷やす。
  11. 牛乳と水を加えてスープにする。(1人前牛乳40cc、水40cc)
  12. 出来上がり。

とても簡単です。

TETTO(新潟・古町)

本場イタリアでの修業をへて14年。
野菜を大事にする調理法で新潟の野菜をいかした様々な料理を日々提供しています。

店名:Focaccia a vino TETTO(テット)
住所:〒951-8063 新潟市中央区古町通4番町647 富士ビル 1F
電話:025-378-1320
店主:丸山美希さん
URL:facebook

『TETTO』さんの周辺の地図・場所

新潟いいね!
新潟いいね!

新潟市中央区古町にあるイタリアン料理・カフェの『FOCACCIA e VINO TETTO』さんです。
TETTOさんのポルケッタやフォカッチャなど、スープランチも美味しいと人気のお店です。
古い木材を使用したオシャレな店内で美味しいものを食べたいですね。

TeNY『新潟一番』技アリレシピ『TETTO』(グルメ/レシピ)

コメント