Negiccoさんオリジナル・アルバム『MY COLOR』リリース

長岡市『小松パーラー』名物 元祖 洋風カツ丼の味『松キッチン』で再現!

長岡市・小松パーラーの洋風カツ丼が松キッチンで食べられる! グルメ

NST『スマイルスタジアム』(2018年6月23日放送)のグルメコーナー『グルット』で、長岡市城内町にある洋食屋さん『松キッチン』さんが取り上げられました。

グルット
タスキをつなぎ、グルメネットワーク拡大を目指す。
洋食 松キッチン

2011年にオープン。
長岡の洋風カツ丼発祥の名店『小松パーラー』さんで修業し、『元祖洋風カツ丼の味を受け継ぎたい』という想いから誕生したのが『松キッチン』さんです。

当時の仕込みをしながら書き留めていたレシピと、小松パーラーの常連さんからいただいたアドバイスをもとに、オリジナルの味を再現した自信作が味わえます。

子供からお年寄りの方まで愛されている洋食屋さんです。

小松パーラーとは?

新潟県の長岡にあった洋食屋さんで、ハンバーグステーキやオムライスといった定番の洋食が楽しめ、街の人から親しまれ賑わうお店でした。
元祖、洋風カツ丼発祥のお店で、看板メニューを目当てに多くのお客さんが来店。
2006年に惜しまれながら閉店しました。

『洋風カツ丼』とは?

新潟県長岡市の名物グルメで、お皿の上にご飯を盛り、その上にトンカツをのせて、洋風ソースをかけたメニュー。
松キッチンさんでは、元祖である小松パーラーのレシピを受け継いでいます。
薄めの肉を短冊切りにして、ソースはケチャップをベースとした伝統の味『ファミリーソース』と、10時間煮込んだ『デミグラスソース』の2種類でいただきます。

スポンサーリンク

『松キッチン』シェフのオススメ!デミグラスソース オムライス

松キッチンのシェフのオススメは、オムライス。

  • デミグラスソース オムライス 950円

魚沼産コシヒカリを使用し、味付けはデミグラスソースと大人の味に仕上がっています。

75年の歴史に幕を下ろした小松パーラーの味を受け継いだ『洋風カツ丼』

75年の歴史に幕を下ろした小松パーラーの要のファミリーソースのレシピを受け継ぐ。

  • 洋風カツ丼 670円

ファミリーソースのレシピは門外不出。
小松パーラーのマスターが教えてもらう際に「人に言わないこと」が条件だったようです。

時間が経つとまた食べたくなるのがファミリーソースです。

彦麻呂さんも食べた時に、「今まで食べたことない味やー」と衝撃を受けたそうです。

洋食 松キッチン(長岡市)

店名洋食 松キッチン
住所〒940-0061 新潟県長岡市城内町3丁目5−1 レーベン長岡1F
電話0258-33-2611
営業時間11時~14時/17時~22時(L.O.午後9時)
※土・日・祝日は通し営業
店主山本竜司さん
お店URLhttp://matsu.kitchen/

『洋食 松キッチン』さんの周辺の地図・場所

洋食・松キッチンさんのアクセス
JR長岡駅西口から徒歩5分

新潟いいね!
新潟いいね!

長岡市にある洋食屋さん『松キッチン』さんです。
2006年に閉店した洋風カツ丼発祥のお店『小松パーラー』さんの味を受け継いだお店です。
小さい時に確か食べたはずなのですが、ソースの味がまったく思い出せません。
今度、松キッチンさんで、懐かしのファミリーソースの洋風カツ丼を食べてみようかと思います。
当時の記憶が蘇るかも。

NST『スマイルスタジアム』グルット『洋食 松キッチン(長岡市)』(グルメ)
画像:松キッチンHPより引用

コメント