お店の告知(PR)しませんか?(無料)

【新潟県魚沼産コシヒカリ・スマート米】AIやドローンを使い、農薬使用量を抑えた安心安全なお米2019年度産新米の販売を開始!

スマート米2020(オプティム)新潟県魚沼産コシヒカリ 販売グルメ

AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである(株)オプティムは「スマート農業アライアンス」の取り組みの一つである、「スマートアグリフードプロジェクト」の青果として「スマート米2020」(2019年度産新米)を、オプティムが運営するオンラインストア「スマートアグリフード」や、「Amazon」にて販売開始です。

スマート米2020は栽培生産者・品種毎に第三者機関にて残留農薬検査を実施し、検査にて残留農薬が「不検出」と証明されたお米を出荷します。

スポンサーリンク

スマート米2020(2019年度産)取り扱い品種

スマート米2020は2018年度産で販売した「さがびより」・「にこまる」・「ヒノヒカリ」・「まっしぐら」の品種に加え、新たに「夢しずく」・「つがるロマン」・「コシヒカリ」の3品種を加えた合計7品種にラインナップを増やしました。

  • 佐賀県産「さがびより」
  • 大分県産「にこまる」
  • 福岡県産、佐賀県産「ヒノヒカリ」
  • 青森県産「まっしぐら」
  • 佐賀県産「夢しずく」(2019年産より新発売)
  • 青森県産「つがるロマン」(2019年産より新発売)
  • 新潟県魚沼産「コシヒカリ」

販売価格
白米、玄米、無洗米玄米は各品種共通で、税込2kg:2,916円、5kg:6,048円です。

11月は、キャンペーン期間で税込2kg:1,980円、5kg:3,980円で販売しています。

スマート米とは?

スマート米とは、スマート農業アライアンスの取り組みの一つ、スマートアグリフードプロジェクトにおいてAIやドローンを使い、農薬使用量を抑えて育てられた、安心・安全なお米です。

今回栽培されたスマート米は、佐賀県、福岡県、大分県、青森県、新潟県にてスマートアグリフードプロジェクトに参加している生産者が管理する契約水田にて栽培を実施し、オプティムが特許を保有する「ピンポイント農薬散布・施肥テクノロジー」を用いることで、農薬使用を抑えた栽培方法を実現しました。

ピンポイント農薬散布・施肥テクノロジーとは、オプティムが提唱するAIやドローンを使った、新しい栽培方法で、生育管理にドローンを活用し、AIによって病害虫が検知された箇所のみにドローンを用いてピンポイントで農作散布をし、作物の葉色を診断し追肥が必要な箇所を特定しドローンを用いて局所施肥を行う技術です。

販売店

Amazon:スマート米(オプティム)

株式会社オプティムさん「スマート米2020」(2019年度産新米)

グルメ
スポンサーリンク
おすすめの記事
新潟いいね!をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
新潟いいね!

コメント