【南鯖石地域の土垂(里芋)を使った郷土料理おいな汁】レシピ 新潟県柏崎市

UX新潟テレビ21さん「まるどりっ!」の「柏崎市 地元熱愛グルメ 地元民にインタビュー大調査」で、柏崎市南鯖石地区で秋に収穫される里芋「土垂(どだれ)」を使った南鯖石地域の郷土料理「おいな汁」が紹介されました。

土垂(どだれ)
南鯖石地域の西之入地区が元となる里芋の在来種。
南鯖石地区で栽培され、長細い形・強い粘り、味が濃いのが特徴です。
おいな汁の材料として重宝されています。
煮崩れしにくいうえ、柔らかな口あたりが人気の秘密です。
学校給食にも利用されています。
柏崎地場特産品に認定されています。

おいな汁
南鯖石の郷土料理で、長ネギ・人参・こんにゃくと土垂を一緒に煮た汁物「おいな汁」にするのが定番です。

目次

南鯖石地域の郷土料理「おいな汁」

里芋の一種「土垂(どだれ)」を使った具だくさんの芋汁のことで、南鯖石地域の郷土料理です。

おいな汁の名前の由来は、柏崎市指定無形文化財・古典盆踊り「おいな」が名前の由来となっています。

南鯖石や鵜川地区で唄われた盆踊り唄で、「三階節」の祖型とも言われている「おいな」。

踊りは三階節よりもテンポが早く、難しいと言われていて、輪になって踊る踊り子の中に音頭とりの一群が入り、踊りの輪と反対方向に回ります。

素朴で土の香りを漂わす、郷土性あふれる古典的で優美な踊りぶりが魅力です。

出典元:柏崎市HPより

おいな汁のレシピ

南鯖石地区の郷土料理の芋汁「おいな汁」の作り方です。

材料(5人前)

土垂(どだれ)300グラム
にんじん   30グラム
ゴボウ    20グラム
長ネギ    50グラム
油揚げ    45グラム
豚バラ肉   25グラム
こんにゃく  90グラム
砂糖     3グラム
塩      1.5グラム
醤油・酒   各15cc
だし     適量

作り方

  1. 鍋を火にかける
    鍋に水(430cc)を入れて、火にかけておきます。
  2. 野菜を煮る
    土垂・ニンジン・ゴボウ・こんにゃく・豚バラ肉を鍋に入れて煮ます。
    土垂は大きく切った方がおいしいです。
  3. 味付け
    各調味料を鍋に入れます。
  4. 油揚げ
    アクが出たらすくい取り、半煮えの状態で油揚げを入れます。
  5. 長ネギを入れる
    最後に、長ネギを入れて煮ます。
    土垂やニンジンに火が通ったら完成です。
新潟いいね!
新潟いいね!

新潟県柏崎市南鯖石地域で栽培される里芋「土垂(どだれ)」を使った郷土料理おいな汁をご紹介しました。

出典元:UX新潟テレビ21さん(まるどりっ!)、柏崎市

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる