【料理の鉄人が作る合鴨ハンバーグが食べられるお店】京料理 原田(ミシュランガイド掲載店)新潟県燕市吉田中町

京料理 原田 ミシュラン新潟・掲載店 合鴨ハンバーグ 新潟県燕市吉田中町

TeNYさん「新潟一番サンデープラス」の「愛しのハンバーグ特集 和食の匠が手掛ける新感覚のハンバーグとは?」で、燕市吉田中町にある「京料理 原田」さんが取り上げられました。
食レポは目指すはハンバーグ娘!?豊岡えりなさん。

京料理 原田
2019年5月オープン。
店内には蔵を改装したスペースもあり高級感もありつつも温かみがあります。
ミシュランガイド新潟2020特別版にも掲載されているお店です。
店主の原田さんは伝説の番組「料理の鉄人」に出演したこともある料理人。
NHKみんなのきょうの料理などにも出演。

店主 原田充郎さん

目次

特選 煮あなご重(要予約・お持ち帰り専用)

特選 煮あなご重 価格1,620円

※テイクアウト専用 前日までに要予約

新感覚ハンバーグ 煮込み合鴨ハンバーグ(昼限定・当日午前11時までに要予約)

煮込み合鴨ハンバーグ 価格1,850円

※ランチ限定 当日の午前11時までに要予約

珍しい合鴨を使ったハンバーグです。

京料理のお店でハンバーグを出そうと?
京都でも出していた新潟の皆さんにも合鴨のおいしさを伝えたい。

高知県産の合鴨のひき肉の柔らかい部位のむね肉を使い新潟県内産の野菜をたっぷり加える。
肉だねを一度冷やしたら焼きます。

鶏ガラを炊き込んだソースには日本酒を使う。
日本酒の風味豊かなデミグラスソースでハンバーグを煮込む。

豊岡えりなさん「うーん。ふわふわ。ほろほろと溶ける。新食感です。お肉自体が旨みもあってコクもありあっさり。濃い目のソースがすごく良く合います。はじめて合鴨のハンバーグを食べたんですけど、これは虜になります」

和食の匠ならではのこだわりはハンバーグに納豆をかける。

豊岡えりなさん「不思議と合う。ふんわり感が増します。納豆のとろみふわふわのハンバーグがさらにふんわりが増します。京料理の奥深さも感じられて、ここでしか食べられないハンバーグだと思いました」

京料理 原田(新潟県燕市吉田中町)

店名京料理 原田
住所〒959-0244 新潟県燕市吉田中町6−18 松竹ビル
電話0256-94-7033
営業時間11時30分~14時
17時30分~21時
※現在は完全予約制での営業
(21/3/28)
定休日水曜・第1火曜
URL京料理 原田

京料理 原田(アクセス・周辺の地図・場所)

おすすめ記事

京料理 原田 ミシュラン新潟・掲載店 合鴨ハンバーグ 新潟県燕市吉田中町

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる