【新発田市のもつを使ってないもつラーメンのお店】食堂みやむら 新潟県新発田市大手町

スポンサーリンク
もつじゃないもつラーメン 豚ほほ肉ラーメン 新発田市の食堂みやむらラーメン

BSN「なじラテ。」の「忍者・発県伝」で新発田市大手町にある「食堂みやむら」さんが取り上げられました。

食堂みやむら
53年前から続く地元で愛される食堂です。
お店の周りには、しばた名物「もつラーメン」という看板があります。

実は、こちらの食堂みやむらさんのもつラーメンはモツを使ってないんです。

スポンサーリンク

食堂みやむらの新発田名物「もつラーメン」

出典元:Instagram(mesitsu様)

もつラーメン 価格790円

もつラーメンというメニューですが、豚のかしら「豚のほほ肉」を使った魚介系スープのラーメンです。

もつが入っていないもつラーメンは先代からあります。
なぜもつを使ってないのかということについては、ご主人も知りませんということです。

今では改良が加えられ、ほほ肉を2回ボイルして、あぶらの量を調整しています。

食堂みやむらの「もつ煮込み」

もつ煮込み 価格650円

なんだもつ煮込みはちゃんとあるだと思ったのですが、実はこちらもモツを使っていません。

そうもつラーメンの具と一緒でした。
でもモツは使ってないけど、美味しいと評判です。

食堂みやむら(新発田市)

店名食堂みやむら
住所〒957-0052 新潟県新発田市大手町5丁目5−7
電話0254-26-1213
営業時間11時~14時30分
定休日月曜

食堂みやむら・アクセス(周辺の地図・場所)

新潟いいね!
新潟いいね!

新潟県新発田市大手町にある「食堂みやむら」さんです。
新発田名物もつラーメンで人気のお店です。
番組では偽りのお店として調査!
なんと!もつラーメンなのに「もつ」を使っていませんでした。
しかししかし、とても美味しい!
もつの代わりに使われているのは「豚ほほ肉」でとても希少部位だったのです。
なぜ名前が「もつ」なのかは先代のみが知るということでご主人は知らないとか。
んーどういった理由でこのネーミングにしたのかは気になるところですが、それよりももつラーメンが気になりますね!
もつを使ってないもつラーメンをぜひ食べに行ってみてください。

BSN「なじラテ。」、山脇いっすねさん、お店:食堂みやむらさん(新発田市)、(ラーメン/食堂)、画像はイメージです。

ラーメン
\ Amazonタイムセール安いです! /
\ 楽天市場 最大50%ポイント還元 /
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
新潟いいね!をフォローする
新潟いいね!

コメント