【中華工房 笑平】昔ながらの醤油ラーメン 裏メニューだったモツらーめん 新潟・阿賀野市

TeNYさん「新潟一番サンデープラス」の「ぶらり途中下車のラーメンの旅 羽越本線(新潟市秋葉区 新津駅~秋田県秋田市 秋田駅)京ケ瀬駅周辺のラーメン店」で、阿賀野市分田にある「中華工房 笑平」さんが取り上げられました。

中華工房 笑平
中華料理に携わって30年のご主人がふるさとの味を提供。
麺類からご飯物まで地元の皆さんに愛される食堂です。
こちらには正統派の一杯があります。

店主 伊藤昭二さん

目次

阿賀野市分田地区の皆さんに愛されるラーメン

ラーメン 価格600円

チャーシューの煮汁や鰹の出汁などを生かした特製の醤油ダレに鶏ガラや豚骨を中心に魚介の風味を隠し味程度に出したスープ。
麺のダメージが少ない平ざるで手際よく程よく湯切りする熟練の技です。
醤油のいい香りと油がキラキラ輝き、隠し味に使うわずかな背脂がコクを加えています。
昔ながらの中華そばらしいストレートの細麺です。

店主 伊藤昭二さん「毎日でも食べられて爺ちゃん婆ちゃんに喜んでもらえればいいなと思いながら一生懸命作っています。強いこだわりはないんですけども昔食べたラーメンをすごくイメージでありましてなんとなく再現しようかなと思ってこのラーメンにたどり着きました」

ボリュームのある一杯ですが3種類あるご飯物と合わせる楽しみ方も人気です。

ラーメン+半チャーハン 価格880円

一番人気の半チャーハンです。
大きめの茶碗一杯に具材は自慢のチャーシューとなるとのみ。
塩をベースにラーメン用の醤油ダレを駆使したバランスの良い味です。
主役になるチャーハンなのでこちらではセットと呼ばずコンビと呼んでいます。

もつラーメン

もつラーメン 価格850円

人気の高い一杯です。
コク深い味噌味のラーメンのトッピングの主役はやわらかいもつ煮です。
事前にピリ辛に煮込まれた豚モツはさっと炒め、キャベツ、もやし、ニンジン、玉ねぎなどのてんこ盛りの野菜と合わせられ炒め煮してあります。
少し焦げたモツは香ばしくいい味のアクセントになってます。
麺は甘みを感じる中太麺です。

このもつラーメンは一部の常連客に提供していた裏メニューでしたが、その美味しさが口コミで広かってグランドメニューになりました。

店主 伊藤昭二さん「少しずつ少しずつお客様のニーズに応えられるように努力したいと思っています。この地域の方々によくしてもらって愛されるまで言いませんけどもこれから10年も20年も続けられたらいいなと思っています」

中華工房 笑平(阿賀野市分田)

店名中華工房 笑平
住所〒959-2074 新潟県阿賀野市分田3033
電話0250-63-9266
営業時間11時~14時
17時~21時30分
定休日月曜

中華工房 笑平(アクセス・周辺の地図・場所)

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる