【白麻婆麺・真麻婆麺】麻婆会館 南笹口店 新潟市中央区

BSNさん「なじラテ。」の「にいがたグルメ大捜査 こだわりの麻婆麺専門店に潜入 元ホテル料理長 驚きのひと手間とは」で、新潟市中央区南笹口にある「麻婆会館 南笹口店」さんが取り上げられました。

麻婆会館 南笹口店

2021年8月オープン。
新潟県内初の麻婆麺専門店です。
白い麻婆麺が食べられるお店です。

店長 尾川雄大さん
東京、新潟のホテルオークラで腕を23年磨く料理長まで上り詰めた中華の匠です。

目次

白い麻婆麺 白麻婆麺

白麻婆麺が食べられるお店 麻婆会館 新潟市中央区南笹口
出典元:麻婆会館さんHPより

白麻婆麺 価格880円

白麻婆麺の作り方

麻婆あんとスープは塩ベース。
アサリなどの具材を入れる。
青唐辛子と山椒が爽やかな辛さを感じさせる極上の一杯です。

10年かけたシャンラー油が味の決め手 真麻婆麺

麻婆会館の麻婆ラーメンの種類 Instagram 新潟市中央区
出典元:Instagram(#麻婆会館)

真麻婆麺 価格880円

麻婆麺専門店なので5種類もあります。
その中でもおすすめなのが「真麻婆麺」です。

お肉に水、塩、しょうゆ、片栗粉を加えお肉を膨らませるなどひと手間加えた挽き肉を使用している。このひと手間によって加熱しても水分が飛びづらい。さらに炒めた挽き肉に水や香辛料などを加え麻婆あんのベースが完成。

ちなみに麻婆あんのベースには、ピーシェン豆板醤、テンメンジャン、トウチ、しょうゆ、砂糖、にんにく、しょうがなど18種類の材料を使用している。

麻婆麺の決め手となる油「シャンラー油」

シャンラー油は、四川唐辛子、唐辛子、一味唐辛子、ホワジャオ、陳皮、ニッキ、ハッカクなどで作った自家製ラー油が味の決め手です。
店長が10年ぐらいかけてバランスを調合したものです。

真麻婆麺の作り方

麻婆あんのベースに豆腐を入れて水溶き片栗粉でとろみを付け、そして味の決め手のシャンラー油を加える。さらにラー油を加え味を調える。
塩ダレに鶏ベースのスープを加え、中太麺の上に麻婆をのせたら完成です。

麻婆会館 南笹口店(新潟市中央区南笹口)

店名麻婆会館 南笹口店
住所〒950-0912 新潟県新潟市中央区南笹口2丁目3−40
電話025-256-8805
営業時間11時~14時30分
17時~21時
定休日木曜
URL麻婆会館 南笹口店

麻婆会館 南笹口店(アクセス・周辺の地図・場所)

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる