お店の告知(PR)しませんか?(無料)

カニとアスパラの淡雪チャーハンの作り方 比他棒 佐藤さんレシピ

スポンサーリンク
カニとアスパラの淡雪チャーハンの作り方 比他棒 佐藤さんレシピグルメ

BSNさん「なじラテ。」の「家’Sクッキング・中華街の味を家庭で」で放送された「おうちでカンタンに絶品中華 春の淡雪チャーハン」をご紹介します。

教えてくれたのは、中華街名店の元料理長で、上越市東本町にある本格中華のお店 比他棒(ビーターバン)の料理長 佐藤勇一さんです。

佐藤さんは横浜中華街の名店「獅門酒楼(しもんしゅろう)」さんの料理長でした。

今回はアレンジ炒飯「春の淡雪チャーハン」を教えてくれます。

番組では上越市富岡にある家’ハセガワ 上越すまいステーションさんで調理してました。

家’Sハセガワ
見て、触れて体感、そして気軽に相談ができる住まいのギャラリーです。

スポンサーリンク

カニとアスパラの淡雪チャーハンの作り方

佐藤料理長が教えるおうちで簡単に絶品中華!春の淡雪チャーハンのレシピです。

材料(1~2人前)

ご飯   270g
アスパラ 1本
カニ   30g
長ネギ  みじん切り 20g
万能ネギ みじん切り 20g
玉ネギ  みじん切り 30g
卵    1個と卵黄1個分

サラダ油     大さじ2弱
顆粒鶏がらスープ 小さじ1/3
塩        小さじ1/3
砂糖       小さじ1/2
醤油       小さじ1/2
おろしショウガ  少々
コショウ     少々
黒コショウ    少々

作り方

1.ご飯に卵を入れて混ぜる。
ポイント ご飯は温かいものを。
2.フライパンに油を入れアスパラを炒める。
3.先ほどのご飯を入れて炒める。
ポイント 回しながら卵でご飯粒を包むとパラパラに。
4.ご飯がパラパラになったらカニを加え調味料を入れる。
ポイント お砂糖を入れるとご飯の滑りが良くなる。砂糖が余分な水分を吸収。たくさん入れると甘くなるので注意です。
5.長ネギ、万能ネギ、玉ネギを加えたらチャーハンの出来上がりです。

盛り付け方一工夫
お茶碗などの容器にカニを先に入れ、その上にチャーハンを盛る。
お皿にひっくり返して盛り付けますが、すぐに容器を開けずに保温・型崩れ防止をします。
(まだ淡雪の工程が残ってるので)

チャーハンは完成!次に仕上げの淡雪を作ります。

淡雪(あんかけ)の作り方

卵白を混ぜてボワッボワッボワッとやります。

材料(1~2人前)

サラダ油     小さじ1
ニンニク     みじん切り 少々
ショウガ     みじん切り 少々
長ネギ      みじん切り 10g
お湯       180ml
酒        小さじ1
顆粒鶏がらスープ 小さじ1/4
塩        小さじ1/3
砂糖       小さじ1/2
卵白(チャーハン残り)1個分
ゴマ油      小さじ1
水溶き片栗粉   大さじ1弱

作り方

1.卵白が白っぽくなるまで泡立てる。
2.鍋に油を入れニンニク、ショウガを香りが出るまで炒める。
3.お湯、酒、長ネギを入れたら調味料で味を調える。
4.水溶き片栗粉を入れる。
ポイント 片栗粉は弱火で入れるとダマになりにくい。ある程度入れたら火を入れる。
5.表面がブクブクとしてきらゴマ油と泡立てた卵白を入れ優しく混ぜる。
6.チャーハンにかけたらカニとアスパラの淡雪チャーハンの完成です。

日本画家 川崎日香浬さんもおいしいと絶賛でした。

日本画家 川崎日香浬さん
上越市在住 古事記の世界を描いた作品を出雲大社や諏訪大社に奉納 料理が大好き

チャーハンのレタス巻きもオススメ。

家’Sハセガワ(株)上越すまいステーション(上越市)

店名家’Sハセガワ 上越すまいステーション
住所〒943-0173 新潟県上越市富岡(大字)539−7
電話025-526-4786
URL家’Sハセガワ

家’Sハセガワ 上越すまいステーション(アクセス・周辺の地図・場所)

純 和中遊彩緑 比他棒(ビーターバン)(上越市)

店名比他棒(ビーターバン)
住所〒943-0825 新潟県上越市東本町3丁目2−59
電話025-520-7519
営業時間11時30分~14時
17時~21時
定休日月曜

純 和中遊彩緑 比他棒(ビーターバン)(アクセス・周辺の地図・場所)

新潟いいね!
新潟いいね!

新潟県上越市東本町にある「比他棒」さんがなじラテ。で教えてくれた淡雪チャーハンの作り方をご紹介しました。
これなら出来そうです。
ぜひ皆さんも作ってみてください。

出典元:BSNさん(なじラテ。)、比他棒の佐藤勇一さん、日本画家 川崎日香浬さん、画像はイメージです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
グルメ
新潟いいね!をフォローする
新潟いいね!

コメント