お店の告知(PR)しませんか?(無料)

ふわふわ卵のあつあつチキンドリアの作り方

ふわふわ卵のあつあつチキンドリアの作り方・レシピ 野股正宏さん考案 TeNY新潟一番グルメ
スポンサーリンク

TeNY「新潟一番」の「きまぐれクックランド×極めるレシピ」で紹介された「ふわふわ卵のあつあつチキンドリア」の作り方です。
教えてくれたのは料理人の野股正宏さん、アシスタントは大谷萌恵さん。

スポンサーリンク

ふわふわ卵のあつあつチキンドリア

あつあつチキンドリアの上にふわふわのスフレをコーティングしたドリアの作り方です。

材料(2人分)

【チキンライスの材料】
鶏もも肉 1/2枚
玉ねぎ 1/2個
ピーマン 1個
バター 20g
トマトケチャップ 60g
ごはん 300g

【ホワイトソースの材料】
牛乳 150cc
小麦粉 10g
バター 10g
コンソメの素 小1/2
塩こしょう 適量

卵 3個
溶けるチーズ 4~5枚

作り方

チキンライス→ホワイトソース→スフレ→仕上げという手順で作っていきます。

チキンライス

  1. フライパンにバター(20g)を溶かす。
    鶏もも肉(1/2枚)を1cm角に切ったものを炒める。
    しっかり炒めて最初から火を通す。
    (バターが焦げるので中火で)
  2. 玉ねぎ(1/2個)、ピーマン(1個)を粗みじん切りにしたものを炒める。
    玉ねぎに透明感が出るまで炒める。
    (玉ねぎをしっかり炒めると甘みがUP)
  3. トマトケチャップ(60g)を加える。
    (ケチャップはごはんの後に入れてはダメなんです。ごはんの前に入れて水分をしっかり飛ばすことでごはんがぺちゃっとしないのでグッド)
  4. ごはん(300g)を加える。
    (温かいごはんがベストですので冷えてるごはんはレンチンしましょう)
  5. 一旦器に取り出します。
    チキンライスが完成です。

ホワイトソース

ダマにならないように作るのは作る順番が大切です。

  1. 牛乳(150cc)と小麦粉(10g)を最初に泡立て器でダマが無くなるくらい混ぜる。
    (最初に混ぜればダマにならない)
  2. バター(10g)、コンソメの素(小1/2)、塩こしょう(適量)を入れてからとろみがつくまで混ぜながら中火にかける。
    とろみがついてきたらもう1分混ぜたらホワイトソースが完成です。

スフレ

  1. 卵(3個)卵白と卵黄に分けておく。
    (冷たいものがおすすめ)
  2. 卵白(3個分)メレンゲを作る。
    ミキサーや泡立て器でツノがピンと立つくらいまで混ぜる。
  3. メレンゲに卵黄(3個分)を加えて混ぜます。

仕上げ

  1. 耐熱皿(グラタン用)にチキンライスを入れ、溶けるチーズ(4~5枚)をごはんにピッタリとフタをするイメージで場合によりチーズを切ったりしてのせます。
    (ホワイトソースが染み込まないようにチキンライスをバリアする)
  2. ホワイトソースをかけます。
  3. スフレをかけます。
  4. 200℃のオーブンで7~8分焼いらふわふわ卵のあつあつチキンドリアの完成です。

ちょっと手間はかかりますが、手順にそって作ったら料理が下手な私でもおいしくできそうな気がします。皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

TeNYさん(新潟一番)、料理人 野股正宏さん、大谷萌恵アナウンサー、画像出典元:TeNYさん

グルメ
スポンサーリンク
新潟いいね!をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
新潟いいね!

コメント